iPhone情報、ブランドiPhone8 iPhone7s 7splusケース

iPhone情報、ブランドiPhone8ケース iPhone7s 7splusケースについて

iPhoneケース及びiPhone紛失・盗難時にやるべきこと

日常生活に、携帯がなくなることがよく見えますね、

紛失や盗難が発生を防止ため、ここでストラップ付きのiPhoneケース ブランド人気アイテムをおすすめ。

女性ならLV iphone8ケース 手帳 ミラー付き ヴィトン iphone7/7sケース ストラップ付き

LV iphone8ケース 手帳 ミラー付き

めっちゃカワイイ、おしゃれなルイヴィトン iphone手帳型ケースです、

ミラー付きで、ちょっと身だしなみチェックに便利。

ストラップ付き、持ち便利、落下防止

またiphoneケース ブランド シャネルも大人気、芸能人までも愛用されます。

iphoneケース ブランド シャネル

男性ならルイヴィトン iPhone8ケース 手帳 iPhone7/7sケース ブランド LV アイフォン7plusケース ダミエ

ルイヴィトン iPhone8ケース 手帳 メンズ

クラシックのダミエパターン、ファッション感いつもたっぷり。

見て、すっごく丈夫なLV iPhone手帳型ケースです、縫い目までもしっかりと制作した、

ICカード、小銭入れできるの実用的なレザーケースです、

普通用通勤用にも素敵。

 

ネットで「うっかりiPhone紛失した時にやるべき3つのこと!無くなったiPhoneを探す方法」との文章が読みました、ここでシェアします。

ある調査によると、日本ではiOSが50.3%にも達し、日本のiOSシェアは世界トップになった。日本におけるiPhoneの人気は誰もが知るところとなった。

使いやすくて美しいデザインされているから、価格が10万円近くにしても新型iPhoneを入手したい。

しかし、タクシーや電車などを乗るときうっかり忘れてしまった、また泥棒に盗まれてしまったこともたくさんある。

こうしたうっかり忘れやミスは誰にでもあるものが、せっかく手に入れたのに、お金の無駄使いはもちろん、iPhoneの中は大切な写真、ビデオそしてメッセージなどもたくさん保存している。

そしてTwitterFacebookそしてLINEなどのSNSは常に自動ログインと設定されている。

とにかくiPhoneを紛失した場合は本当に困る。

次はiPhone紛失・iPhone盗難に出会ったときのすべきこと、無くなったiPhoneを探す方法を紹介す。

iPhone紛失したときにやるべきことその一:アカウントのセキュリティを確保

iPhoneが見つからないとき、まず公衆電話や友人の携帯から自分の紛失したiPhoneに電話してみる。

時々家のどこかに忘れたことがあるから。もし電話が通じない、電源が切れている場合は盗まれた、あるいは誰かに捨てられて返してくれない可能性が多い。

iPhone紛失したことを確認した後、拾った人の携帯を悪用する人も多いから、まず家族また友達にiPhone紛失したことを伝える。

そしてお近くのソフトバンクショップ・auショップに行き「携帯紛失捜索サービス」の利用を申し出てみる。

そしてTwitterFacebookInstagramそしてLINEなどのパスワードを変更することを忘れないよう十分にご注意ください。

iPhone紛失したときにやるべきことそのニ:「iPhoneを探す」機能を活用!

Apple製デバイスの「iPhoneを探す」アプリを使えば、無くなったiPhoneiPadiPod touchMacを地図上に表示させることができるから、iPhone紛失したあと、PCやMacなら、

WebブラウザでiCloudhttp://www.icloud.com/)にアクセスし、次にようにすれば「iPhoneを探す」機能を利用できる。

ステップ1、iCloudhttp://www.icloud.com/)にアクセスし、検索したいiPhoneで設定した Apple ID、またパスワードを入力した後、パスワード入力欄右横の (→)アイコン を選択してiCloudにサインインし、iCloudホームページへ進行する。

ステップ2、iCloudホームページの「iPhoneを探す」ボタンをクリックし、Apple IDのパスワードを入力してください。そして探したいiPhoneを選択し、自動的に紛失iPhoneの位置が表示される。

ステップ3、紛失iPhoneの位置を表示されると、メニュー(サウンド再生、紛失モード、iPhone の消去)を選択できるようになる。

 

iPhoneを探す」機能を紹介

サウンド再生:近所に落ちたiPhoneを探すとき、探している iPhoneで音を鳴らすことができる。

iPhone紛失モード:紛失モードを使用すると、自分の個人情報に他人がアクセスできないようにデバイスがパスコードでロックされることができる。

Apple IDでiPhoneを探す機能にログインすると、電源が入っていればすぐに地図上にiPhoneの位置が表示される。

紛失モードは無くなったiPhoneを探す方法とし、持ち去った人がそのiPhoneを使ったり売却したりするのが難しくなり、

ロック画面にメッセージと自分の連絡先が表示され、取得者と連絡を取れるかもしれない。安全性のため、Gmailなどのメールアドレスを伝えることもオススメする。

iPhone紛失モード設定方法:

ステップ1、「紛失モード」を選択する。

ステップ2、連絡電話番号を入力し、「次へ」を選択してください。(iPhone本体はパスコードを設定していない場合はパスコードを設定する必要がある。)

ステップ3、iPhoneを拾った人に残したいメッセージを入力し、「完了」を選択した後、紛失モードに設定された。

iPhone の消去:上記の方法が効かない、iPhone紛失してしまったこと、もう戻らないことが事実になる場合、iPhone の消去機能を使う必要がある。

iOSバイスMacの紛失や盗難が発生した場合に、デバイス上の情報を消去することができる。

ただし、iPhoneのデータを遠隔ですべて消去すると、「iPhone を探す」も使用できなくなることをご注意ください。

遠隔でiPhoneデータを消去する方法:

ステップ1、「iPhone の消去」を選択し、「消去」ボタンをクリックしてください。

ステップ2、パスワードを入力し、「次へ」を選択した後次のステップへ進行する。

ステップ3、電話番号の入力→メッセージの入力した後、「完了」ボタンを押すと、Phone の消去が開始される。 

 

iPhone紛失したときにやるべきことその三:警察に遺失届を提出

上記のiPhone見つける方法を試した後、やはり紛失iPhoneを取り戻すことができない(取り返すのは非常に難しい)なら、警察に遺失届を提出することも一つの方法となる。

警察がiPhoneを見つけた場合、キャリア(au,docomo,SoftBank)から封書が届き、キャリア(au,docomo,SoftBank)からiPhoneが見つかったとの連絡が封書で届くことをご注意ください。

しかし、この前も「警察は、GPSの反応があっても、面倒くさいらしく、とにかくあまり動きたくない様子」といわれているが、iPhone紛失・iPhone盗難事件が頻発で警察は探してはくれない可能性もある。

見つけてくれたら連絡してくれる程度だから、iPhoneを紛失した場合警察に遺失届を提出しても取り戻す可能性がある。

分かりましたか?

万一にコレを読んでくださいませ。